みょうがログ

社会で生きるのがしんどすぎる!

「この仕事って誰にでもできる仕事じゃん………私が仕事する意味あるのかな」自分が仕事する意味を見失った時に考えたこと。

この記事をシェアする

 

こんにちは、みょうがです。都内で働くアラサー女です。

 

仕事をしているとふと思うことがあります。

「この仕事って誰にでもできる仕事じゃん…私が仕事する意味あるのかな」って。

 

だいたい「誰でもできるじゃん病」にかかる時はきまって、体調が悪かったり、仕事に飽きたり、会社の人間関係が面倒くさくなったりするときです。うまくいっている時はこんなこと考えません。

 

私は「誰でもできるじゃん病」に何度も向き合い、対処方法を考えました。

対処方法というか、思考の転換方法です。

 

「誰でもできるじゃん病」にかかったら、こう考えるようにしています。

 

会社での仕事は誰にでもできて当たり前。だって会社は会社の利益を第一に考えていて、特定の個人に依存するような仕事ばかりだったら、管理が大変なことになる。

そもそもよく考えてみて?


この会社は私が入社する前から経営が成り立っていた。ということは、私がいなくても会社は成り立つってことだ。会社がもとめるある一定のラインを超えている人間なら、正直誰でもいいんだ。


じゃあ、私がこの会社でこの仕事をする意味ないじゃん。


いや、私がやる意味がないと思ってしまうのは、あまりに早計だ。
誰にでもできる仕事だからって、今私がその仕事をやる意味がないことにはならない
誰にでもできる仕事なら、私がやっていても何も問題ないってことなのでは?


今、私がこの仕事をしているのは「私の番」がまわってきたらからだ。

「私の番」がまわってくる前は「他の人の番」だった。他の人からバトンを渡されて「私の番」になったのだ。「私の番」はずっと続くかもしれないし、他の誰かにバトンタッチする日もくるかもしれない。だけどそれでいい。
誰かにバトンタッチする日まで、この仕事を私がやっていてもいいんだ。
私がやることに意味はある!だって今は「私の番」なのだから!

 

私は昔から物語が好きで、漫画を描いたり、小説を書いたりしています。好きなことを仕事にしたいという思いがあります。その思いがある分、今の仕事に不満を感じやすいのかもしれません。


誰にでもできる仕事でいいんです。
そもそも仕事に、自分だけのオリジナリティを求めること自体が間違っているのです。
この会社は私が入社するずっと前からあって、私がいなくても倒産することなく成り立っていた。
今、私が担当している仕事も、過去は他の誰かがやっていた仕事だ。


自分だけにしかできないことって、会社にはほとんどないと思います。

会社というのは、その会社の利益を第一に考えています。ほとんどの業務はマニュアル化されています。
というか、誰にでもできるような体制・マニュアルが整っている会社はいい会社なのでは?


自分にしかできない仕事は、会社の外で、自分の力で仕事にすればいい。

好きを仕事にする方法は試行錯誤中ですが、ひとまず「私の番」が続く限り、今の仕事は頑張ってみるつもりです。

\ Follow me!! /